今日は別の公園へ。   

2017年 01月 18日

昨日、一昨日とふくと一緒に行った公園は、結構ワイルドな為!?
極々限られた時期(晩秋~初春辺り)しか入れません。
この時期以外は草生え放題で何に出くわすか分からないので恐くて近づけません。
というわけで「ろくとの想い出」も限られたものだったので
今のふく&コオリが近づくには「ハードル低め」な場所でした。
が、そうも言ってられないし、ふくも違うところに行きたいかな?と思って?
今日は勇気を出して、ろくの体調が悪くなるまでは「毎日にように」ろくふくと一緒に行っていた
公園までふくと一緒に行って来ました042.gif
う~ん…
やっぱり一緒に歩いてた姿が浮かんで来ちゃったな。
ここの公園では、
ろくとふくが違う方向に行っちゃって、つまづいて「コケた」ことがあったし。
桜が咲いてる季節はお花見しながら歩いたし。
夏にはカエルの合唱を聴きながら、夜のお散歩したし。
遊んでる子供たちにもよく撫でてもらったし。
何度も会う子供たちは「ろくちゃんだぁ~!ふくちゃんだぁ~!」って名前まで憶えてくれて
見つけると走って来てくれたし。
そうそう!先日お話しした、わざわざお花を持ってろくに会いに来てくれたトリマーさんは
この公園でお会いした方からご紹介頂いたのです。
数年前に今の住まいに引っ越して来て「ろくふくのシャンプーどうしよう…」と思っていた時に
この公園の散歩途中でお会いした年配の女性。
少し前に愛犬を亡くされたとのことで、ろくふくをとても可愛がって下さいました。
わざわざ「おやつ」まで用意して待ってくれている日もありました。
そんな中で何気なく「良いトリマーさんご存知ですか?」聞いてご紹介頂いたのが
ろくふく共にお世話になっている今のトリマーさんなのです。
「ご縁」というのはこうやって繋がっていくものなのですね。
そんな

当たり前にあった幸せ

を一つ一つ振り返りながら、ふくとぶらぶらして来ましたよ053.gif
[PR]

by animal_therapy | 2017-01-18 16:02 | ろく、ありがとう☆ | Comments(0)

<< 「ご縁」と言えば。 「看取る」ということ。 >>