リラックマ。

今更ながら…。
クリニックの待合室にそっと置いてあるリラックマシリーズ。
何となくパラパラめくると、いやいやグッとくる言葉が
散りばめられている。
ちと疲れた時に「頭空っぽ」にして眺めるとイイかも~。
ん???
実はコオリもちと疲れてたか???
はい。
クマさんに元気頂きましたっ☆
[PR]
by animal_therapy | 2006-10-26 03:01 | 絵本 | Comments(0)

時間のある時、本屋さんをブラブラする。
ジャンルを問わず、目に入って来たモノを
片っ端から手に取ってパラパラ眺める。
(ゴメンナサイ!本屋さん…)
そして連れ帰る本をセレクトする。
この本もそんな「出会い」で我が家にやって来た。

「あなたが好き You changed my world」
絵:タンタン
文:ジュリエット
訳:宝迫典子

「あなたが好き」
ってかなりダイレクトなタイトルなのだけど
実は「自分自身」を励ますメッセージかも…って思ったの。

「大切な人と、がんばる自分に贈る大人の絵本」

って帯にも書いてある。
そうなの、そうなの。
自分自身を嫌いになって、ただただ責めちゃう時…。
そんな時に読むとカナリ効く。
好きなトコロも嫌いなトコロもひっくるめて「自分自身」
「ありのまま」を受け入れるしかない。
そして実は
嫌いなトコロが好きなトコロだったりする。
好きなトコロが嫌いなトコロだったりもする。
☆フ・シ・ギ☆
もちろん「パートナー」も同じ。
結局のところ
「人間」に「カンペキ」なんてアリエナイ…。
だから、愛しい。
そんなことを感じさせてくれる一冊。
オススメです☆
[PR]
by animal_therapy | 2006-08-19 02:17 | 絵本 | Comments(0)

悲しい本

そんな「谷川俊太郎さん」翻訳の絵本。

「悲しい本~SAD BOOK~」
マイケル・ローゼン:作
クェティン・ブレイク:絵
谷川俊太郎:翻訳

心の深い部分に訴えかける言葉達…。

自分にとって、
自分よりも「大切!」と思える「存在」を
「失うこと」ほど悲しいことはない…。

でも、私がそんな「悲しみ」を乗り越える過程で
想ったこと…。

「自分よりも大切と思える存在に出会えた事に感謝だな…」

って。

「人と人との出会い」

偶然なようで実は必然。
「出会えた奇跡」
に感謝だよね。
そして…
「出会えた意味」
を大切にしたいよね。
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-13 02:22 | 絵本 | Comments(0)

ノンビリとした休日の夜…。
たまたま再放送で観た「ターシャ・テューダ」の
特集番組。
私の大好きな絵本作家だ。

彼女の生き様が好き。

「好きなことをする為に頑張って生きる」

つい1年前までは私自身、
「何をしたいの?」
って自問自答の日々だった…。
でも、それが明確になった時
人はパワーが発揮出来るのだと思う。

「やりたいことは何?」

まずはこれを明確にするのが、
自分を健康に保つ「秘訣」だと思う。
やりたいことをやっていれば、多少の困難も乗り切れる。
自分の思っている以上のパワーを発揮出来たりする。

「自分って何もの?」

みたいなこと、ゆっくり考える時間を持つのは
とっても大切。

仕事は忙しい、家事も忙しい、子育ても………。
でもね、そんな時だからこそ

「自分自身をしっかり保つ」

為に、そんな時間を持つことが必要だと思う。
仕事もプライベートも
「自分」
が満たされていなければ、良いモノは生まれない。

そんな風に思う私は、今の社会では
「ちょっと変わった、マイペースな人」
と写るらしいケド…。
でもね、欧米ではそれが当たり前でしょ?
「自分を主張してナンボ!」
という文化だから…。
日本人は多かれ少なかれ、みんな
「いい子病」
を患ってる…。
ボチボチ「自分を大切にすること」を覚えてもよいのでは?

「世界に一つだけの花」

その通りでしょ。
[PR]
by animal_therapy | 2005-11-21 00:24 | 絵本 | Comments(0)

千の風になって

日記にも書いたけれど…。
「死者」から「残された者」へのメッセージ。
そんなテーマで描かれた絵本です。
「命の尊さ」を改めて考えさせられます。
ぜひ紹介したい絵本です。

絵本「千の風になって」
新井 満/文 佐竹 美保/絵

何かしら「感じるもの」があると思います。
「生命」がある以上「死」は避けては通れない。

「死生観」

そんなことをじっくり考えるきっかけになるのでは…。
[PR]
by animal_therapy | 2005-10-05 02:30 | 絵本 | Comments(0)

またやってしまった。

定期的に私を襲う「絵本大量衝動買い」病…。
本はもっぱらネットで購入することが多いのダケド
それが大きな落し穴!
探している本はほんの1~2冊なのに、ついつい
「関連書籍」だの「この作者の他の作品」だのって
リンクしていくと

「カートに入れる」

を、何度となくクリックしてしまう。
気付いた時にはトータル10冊近くなっていることも
しばしば…。

「またやっちゃった!」

と思いつつ、届くのが楽しみだったりする。

昔から「本屋さん」でもそうだったけど
こ~んなにたっくさんある「本」の中から
何だか惹かれてしまうのだから、この本はきっと
「今、私に必要な本なんだ!」
なんて思ってしまう悪い癖!?

でも、これが意外にバッチリはまる。
こんな風に出会った本の中に、心に響く「言葉」が
いっぱい散りばめられていることが多い。

「無意識に選んでいる」

のだと思う。
最近、よく思うこと。

「人との出会い、自分の身に降り懸かる事」

すべては偶然のように思えるけれど、実は
必然なのかな~って。
そんな風に思えたら、ちょっと「気楽」に生きられる
よね。
最近の私は、そんな感じで生きてます!

で、そんな風に出会った本でオススメの一冊!

「思うとおりに歩めばいいのよ」
ターシャ・テューダー

写真も素敵、一つ一つの言葉も素敵。
彼女の深みのある、包み込むような言葉に
「心のつかえ」がすーっと解けていく想いでした。
よろしかったらお試しあれ~!
[PR]
by animal_therapy | 2005-07-18 13:41 | 絵本 | Comments(0)

一番のお気に入り!

和洋問わず「絵本大好き」な私。
中でも一番のお気に入りは

「アンジュール ある犬の物語」
 ガブリエル・バンサン

文字もない、色もない。
それなのに、ぐっと心に訴える力…。
涙がこぼれる絵本です。


そういえば…
むか~し、むかし
「絵本作家になりたい!」って思ってた私。
今目指しているのも、方向としては同じかもね。

「人の心にあったかなモノを届けたい!」

その為には、私自身がいつも

「心にあったかなモノを持っている」

事が必要だよね。
そこで!我が愛犬「ろく」は大活躍中ですっ。
彼の「無邪気さ」に触れると私の心は
「ほんわか」とほぐれ、あったかくなります。

ありがと。ろく!チュ!
[PR]
by animal_therapy | 2005-07-14 23:19 | 絵本 | Comments(0)

愛犬ろく&ふくとのハチャメチャな日々♪♪♪
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30