カテゴリ:お気に入りの詩( 16 )

hug

目隱ししてもわかる
君の首筋の匈い
後ろから抱きしめて
2人でテレビを見て

きっとこんな時間が
僕を大人にしてきた
だけどそんな時間が
僕を子供にもする

君のそばで あたためて
他に何もいらないから
とろける樣な キスを重ねて

明日なんて来なくていい
この香りに酔いしれたい
1つになりたい 心まで

君の背中に僕の
鼓動を押しつければ
言葉よりほら早く
伝わるねこの想い

そっと君を包み込む
心地良いソファになりたい
熱い君の耳たぶを
この頰で感じながら

君のそばで夢を見て
他に何もいらないから
この部屋中 キスで満たして

このまま時が止まっていい
この安らぎに甘えたい
1つになりたい いつまでも

君のそばで あたためて
他に何もいらないから
とろける樣な キスを重ねて

明日なんて来なくていい
この香りに酔いしれたい
1つになりたい いつまでも


はい。アイラブ平井堅ちゃん作詞作曲の詩です。
こんなアマアマな曲をアップしてみました。
この詩は「堅ちゃんのバリバリ妄想族」で書いた曲だそうです。
でもね?そう。分かるよ、うん。
結局さ?人はね?

自分をどれだけ受け入れてもらえるか?同時に、どれだけ必要とされてるか?

ってことが、心地良さにつながるんじゃないかと………。
最近のコオリは思うわけですよ。はい。

[PR]
by animal_therapy | 2012-01-26 00:49 | お気に入りの詩 | Comments(2)

あなたと

この空の美しさを あの雲のやわらかさを
足下を見ればすぐに忘れてしまう 闇の向こうに行きたくなる

命ある限り謳う 誇りだけは守り抜く
何より大切なこの誓いの どちらかを捨てろと痛む心が呟く

身を焦がす恋に疲れ 穏やかな愛を選び
それでも孤独を探す 終わりなき旅人

傷を作ることでしか 生きる意味を感じれぬ
愚かな僕の隣にいてくれる あなたをどうすれば守り切れるのだろう


抗うことなど出来ず 奪われては泣き伏せる
それでも光に向かい 立ち上がる旅人

不安でたまらなくても 明日さえ見えなくても
震える手と手をつなぎ渡りたい 同じ孤独を重ね合いたい あなたと


これは、震災後にリリースされた堅ちゃんの最新アルバムの最後に収録されている曲です。
堅ちゃんなりに震災後の想いを綴ったようです。
色んな有名人が盛んにテレビで「がんばろう」と言っている中で、
堅ちゃんにもオファーはあったそうですが、とてもとても受ける自信はなかったそうです。
なんか、それって分かる。
そして、こんな曲を作ることで、想いを表現したようです。
「孤独」という言葉は周囲のスタッフからは「待った」がかかったそうです。
でも、敢えて、カットはせずに使ったそうです。

[PR]
by animal_therapy | 2011-08-21 15:19 | お気に入りの詩 | Comments(0)

LOVE ~Destiny~

ねぇ ほんとは 永遠なんてないこと
私はいつから 気付いていたんだろう
ねぇ それでも ふたりで過ごした日々は
ウソじゃなかったこと 誰より誇れる


生きてきた 時間の長さは少しだけ違うけれども


ただ出会えたことに ただ愛したことに
想い合えなくても LaLaLaLa…忘れない

ねぇ どうして こんなにも苦しいのに
あなたじゃなきゃだめで そばにいたいんだろう
ねぇ それでも ほんのささやかな事を
幸せに思える 自分になれた


ありふれた言葉でも ふたりで交わすなら意味を持つから


ただ出会えたことで ただ愛したことで
想い合えたことで これからも…


真実と現実の全てから目を反らさずに 生きていく証にすればいい


ただ出会えたことを ただ愛したことを
2度と会えなくても LaLaLaLa…忘れない


[PR]
by animal_therapy | 2009-06-21 22:49 | お気に入りの詩 | Comments(0)

いつか離れる日が来ても

魔法のような笑顔に 何度救われただろう
手をつないだ帰り道 ふと心細くなる


自分より大事なもの 手にするのが幸せだと
教えてくれた君は 僕を強くも弱くもする
 
「考え過ぎだよ 笑ってよ」 僕の頬をつねるけど
このぬくもりに満たされる程
失う怖さにどうしようもなく襲われるんだ 

いつか離れる日が来ても 
出会えた全てを悔やむ事だけは 決してしたくないから

ねぇ 今キスしてもいいかな?
なぜだろう こんなに君を想うだけで 涙が出るんだ
 
君という宝物が 隣にいる奇蹟を 
あの空はおぼえている 時を超えおぼえてる


愛の言葉を並べても 1つにはなれなくて
このぬくもりに甘えてしまう

失う怖さをかき消す様に 何度も何度も
 
いつか心が壊れても 
大好きな君を憎む事だけは 決してしたくないから
ねぇ 今抱きしめていいかな?
どうしてこんなに君を想うだけで 苦しくなるんだ
 
いつか離れる日が来ても 
出会えた全てを悔やむ事だけは 決してしたくないから 
ねぇ 今キスしてもいいかな?
なぜだろう こんなに君を想うだけで 涙が出るんだ
 
なぜだろう こんなに君を想うだけで 涙が…出るんだ


[PR]
by animal_therapy | 2008-05-03 02:43 | お気に入りの詩 | Comments(0)

しるし

何となく見ていたテレビ。
とある歌番組にミスチルが出ていた。
ぼーっと見ていたら「しるし」を熱唱する桜井さん。
その姿と切な過ぎる歌詞に涙がポロポロ流れちゃった…。
最近、ちと涙腺緩み気味かも。

しるしの歌詞


[PR]
by animal_therapy | 2007-03-12 01:38 | お気に入りの詩 | Comments(4)

美しい人

無理をして はしゃぐ事も 飾る事も しなくていい
胸の奥 深い闇に 迷い込んで いるのならば

僕は何も出来ないけれど 一緒に迷いこみ 光を探したい

泣かないで 美しい人 その涙は 輝きへのstep
微笑んで 美しい人 その涙を 守り続けたいずっと

悲しみを 言葉にする 術を知らぬ 僕らの様に
空は泣き 世界を濡らし 光と影は 気まぐれに変わる

君が君を嫌いな時も その手を離さない 痛みを重ねたい

そばにいて 美しい人 過ちさえ 優しさへのstep
微笑んで 美しい人 その涙を 拭うためこの手がある

泣かないで 美しい人 その涙は 輝きへのstep
微笑んで 美しい人 その涙は 汚れなき君を語る

そばにいて 美しい人 その全てが 優しさへのstep
微笑んで 美しい人 その涙を 守り続けたいずっと
[PR]
by animal_therapy | 2007-03-01 02:56 | お気に入りの詩 | Comments(0)

君の好きなとこ

思いが募るほどに 直接顔見ては言えない
君の好きなところなんて 数えきれないほどあるのに

いざ目の前にすると 何も言えなくなってしまう
会えない日に積み重ねた 願いも 迷いも ため息も

ほら 今 この気持ち 君に言ってみたら
困った顔するかな? その逆ならいいな

照れた笑顔 すねた横顔 ぐしゃぐしゃ泣き顔
長いまつ毛 耳のかたち 切りすぎた前髪 

君の好きなとこなら 星の数ほどあるのに
一つも言葉に出来なくて

恋をすればするほど 駆け引きはうまくはなるけど
この胸のムズがゆさに いつもギリギリ手が届かない

困った顔 見たくて いじわる言ってみる
ほんとは 全てが 可愛くてしょうがないくせに

片方だけできるエクボ 朝のかすれた声
唇の色 髪の匂い 抱きしめた温度

君の好きなとこなら 誰より知ってるのに
なぜ伝えられないのだろう?

お腹が空くと 機嫌が悪くなって黙りこむ
酔うとすぐ寝るくせに 帰りたくないとすねる

君の嫌なところも そりゃ少しはあるけれど
会えばいつも許してしまう 

ホッとした顔 笑ったときにハの字になる眉
皮肉やなのに 以外と人情ものに弱い

君の好きなとこなら 世界中の誰よりも
知ってる僕が嬉しくて

ほら今 君が笑うから

なぜだろう 言葉に出来なくて…
[PR]
by animal_therapy | 2007-03-01 02:29 | お気に入りの詩 | Comments(0)

CANDY

「あきらめよ」と諭す回路に 君がそっと侵入してきて
何食わぬ顔で 夢をチラつかす
上手に包んで仕舞ったものが「飛び出したい」と疼いてる
痛い記憶を最後に寝たふりしていたくせに
柄でもないけど 会えると嬉しいよ 
悩んだ末に想いを飲み込む日々
ほろ苦いキャンディーがまだ胸のポケットにあった
気付かせたのは君

多くの事を求め過ぎて 出来るだけ側に居たくて
そんなことしてる間に息が詰まる
大抵 人はこんな感じで大事なもんを失うんだろう
そして懲りもせず 君を欲しがってる
みっともないけど すべてが愛しいよ 
ふと夕暮れに孤独が爆発する
甘酸っぱいキャンディーが 僕の胸のポケットにあるんだ
君が食べておくれ

昨日の夜 いつもの偏頭痛が僕を襲って
飲み込むタブレット
やけに会いたくて 声が聴きたくなって

みっともないけど すべてが愛しいよ
ひとり夜更けに孤独が爆発する
ほろ苦いキャンディーが まだ胸のポケットにあった
ただひとつだけ
甘酸っぱいキャンディーが まだ胸のポケットにあるんだ
君が食べておくれ
[PR]
by animal_therapy | 2007-01-28 02:53 | お気に入りの詩 | Comments(2)

Innocent Love

いつも見つめてるそれだけで
幸せな気持ちに…
愛とは見返りを求めずに
ありのまま信じること

だけど綺麗ごと並べても
想いは届かない
素直な気持ちで互いの心
鏡に映せばいい…

そうさ奇跡の絆が
二人を巡り逢わせた
無償の愛であなたを抱きしめ
今を生きてゆくのさ

どんな時でも 守るべきもの
譲れないもの あなたの笑顔
二度と帰らぬ 今この時を
共にあなたと 生きていたい

生きることに疲れたなんて
時々思うけど…
何気ない月日の積み重ねが
二人を強くさせる

だから言葉より大切な
心で感じるもの…
ほんの少しの勇気があれば
誰でも見つかるはず

いつか運命の扉が
涙を連れて来ても
無償の愛であなたを守ろう
明日を瞳に映して

愛はいつでも そばにあるもの
気づかぬうちに そっと輝く
あなたのために 此処にいるのさ
かけがえのない日々のために

昨日と同じ今日があるように
巡りゆく季節(とき)の中で
無償の愛はすべてを受け入れ
今を生きて行くこと

どんな時でも 守るべきもの
譲れないもの あなたの笑顔
二度と帰らぬ 今この時を
共にあなたと 生きていたい

愛はいつでも そばにあるもの
気付かぬうちに そっと輝く
あなたのために 此処にいるのさ
かけがえのない 日々のために

二度と帰らぬ 今この時を
共にあなたと 生きていたい

世界の誰より I Love You
[PR]
by animal_therapy | 2006-11-03 22:08 | お気に入りの詩 | Comments(5)

おやすみ

森のしずく 月のあかり
草にそっと 寝ころんで
今夜だけは 涙見せず
眠っていて おねがい

星は白く そよぐ風と
髪をなでて 安みましょう
二人だけの 誰もいない
秘密の場所 だから

あなた包む わずらわしい
すべてのこと 打ち明けて
くちうつしで 消してあげる
抱きしめてる ずっと
おやすみ

夢見ていて すべてのこと
あてどもない 願いでも
ひとつひとつ 叶えたげる
寄りそってる いつも

どんなことも 受け入れたい
望みはただ 健やかに
あなたがいる わたしがいる
愛している ずっと
おやすみ

疲れ果てた夜には 戻ってきて
たとえ何が起きても 味方してあげる
ねぇ おねがい

大丈夫よ 今日は眠ろう
疑いない 世界へと
連れてゆくの 安心して
かけがえない あなた
守ってあげる
[PR]
by animal_therapy | 2006-10-26 02:31 | お気に入りの詩 | Comments(0)

愛犬ろく&ふくとのハチャメチャな日々♪♪♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31