「他者を受け入れる」
今の私のキーワード…。

人は人を好きになり、一緒にいたいと思う。
でも「100%OK!」なんてあり得ない。
でもそこで「歩み寄る」から「心地良い距離感」が
出来上がる。
でも…
どちらかが「歩み寄り続ける」だけではやはり
その「歪み」は来る。
そして「別れる」ことになる。
その「感情の移り変わり」を冷静に伝えても
相手は受け入れられない。
そして
「相手を否定することで自分を守る」
という手段で傷つけ合う。
「相手が離れる原因は自分にもあったのでは?」
って思えない。人間の愚かさ…。

バッカみたい…。

「縁」あって
お互いを「好き」になり
「最も大切な存在」だったはずなのに
ヒトタビ「感情の糸」がもつれると
「そこまで否定するんだね」ってなる。
きっかけはそんなことではなかったはずなのに
「嫌い」になったわけではないのに
「否定」するつもりはないのに
だからこそ「離れる」という選択をしたのに…。

こんなにも誰かに自分自身を「否定」されたのは初めてかも…。
でもこれもきっと「自分を振り返る」チャンスなんだよね。
一度は「好きになった人」だから…。
受け入れようと思う。

このことから学んだことは
「自分自身のあり方を確立する」
ということかな…。

私が相手を受け入れないことで、
相手は私を攻撃する。
そこで「カチン!」と来ても
「同じ土俵」に立ったら
私も相手と「同じ事」を繰り返すだけ。
「自分がされて嫌なことはしない!」
常々思っていることだ。

「自分を守る」ために「相手を否定し、傷つける」

そんなに「辛い生き方」はないよね。
「人を否定する」
ってすごくパワーがいることだと思う。
どうせ同じパワーを使うなら
「人を受け入れる」
ということに使いたいと思う。
その方が絶対に「自己成長」につながる。

「受け入れる」

もちろん、ただ「言いなりになる」のとは違う。
「あの人はあんな風に考える。それは自由」
そういうことだ。

「人は人、自分は自分」

一言で言ってしまえばそういうこと。
冷たいように聴こえるけれど、究極はこういうことだよね。
どんな関係であれ、やっぱり人は人を変えられない。
自分で変わろうとしない限り、変われない。
それを「自分の言いなり」にしようとしたり、逆に
人の言いなりになるから「ストレス」が生じる。
まずは「自分」がどうしたいか、だと思う。
それを人が受け入れようが、受け入れまいが
受け入れられなかった時に初めて「葛藤」する。
そこで自分を変えられるかどうか…。
その「葛藤」こそが「自己成長」なのだと思う。
「受け入れてくれなかった人」を「攻撃」している
だけではいつまで経っても「葛藤」には繋がらない。
「人のせいにして、逃げてるだけ」だと思う。
「どうして受け入れられないのか?」を考える。
そこがポイント!

「人のふり見て、我がふり直せ」
とは良く言ったものだ。
そんな「シタタカサ」を持って生きて行こうと思う。
[PR]
by animal_therapy | 2005-09-28 02:52 | 日記 | Comments(0)

永遠のテーマ。

「人を好きになる」という心のメカニズム。
反対に
「人を嫌いになる」という心のメカニズム。

私なりに考えてみると、要は
「自分を受け入れてくれる」=「好き」
「自分を受け入れてくれない」=「嫌い」

なのかな~って。
そもそも「人間」だって動物。
いたってシンプルな「思考回路」なのだ。

そのまま「シンプル」に、気持ちに正直にいられたら
良いのダケド、なかなか難しい。
取り巻く環境、関係性、世間体、などなど
様々な絡みで「思うように」はいかないものだ。
動物達はいとも簡単にやってのける。
羨ましかったりする…。

でも…
やっぱり「自分の気持ちに正直に」いなければ
無理がタタッテ、どの道関係性は崩れるのだ。

「好きだった人を嫌いになる」
「嫌いだった人を好きになる」

日々、そんなことの「繰り返し」って思う。
[PR]
by animal_therapy | 2005-09-15 02:05 | 日記 | Comments(0)

復活!!!

10日程の「凹み状態」から何とか脱出成功~。
きっかけは、何のことはない、愛犬と供に

・思いっきり飲み
・思いっきり泣き
・思いっきり音楽を聴き

癒されたように思う。
自分が「癒される術」は人それぞれ。
それを自分で「知っておくこと」が重要なのだと思う。

今回の私の心に染み入った音楽は
「平原綾香さん」の「ODYSSEY」
「平井堅さん」の「gaining through losing」
という2枚のアルバムだった…。

それぞれの中に収録されている何曲かのメッセージ

・「自分を信じること」の大切さ
・「無条件に愛し、愛されること」の大切さ

何度も何度も聴きながらワンワン泣いた。
泣き続けた。はっきり言って泣き疲れた…。
でもね、涙は枯れないのよね~。
どこにこんなに水分貯めてるのか…。
って、バカみたいなこと言ってるけど
本当にそんな事思うほど、泣いた。

結果、かなりすっきりしたみたい。
ほぼ100%復活したかな。

辿り着いた答えは

結局すべては「自分」の問題。
「辛い事」も「「悲しい事」も原因はすべて「自分」
何が辛くて、何が悲しいのか…。
それをきちんと理解して、その問題を解決するしか
その「苦しみ」からは逃れられない。
その「苦しみ」から逃れようとする時に、

「でも常識的に考えたら…」
「周りの人に迷惑がかかるから…」
「周りの人から変に思われるのでは…」

これも結局、ただ「人のせいにしている」だけ。
そうやって「自分で責任を取る」ことから逃げてるだけ。
「こうしたい!」と思ったら「自分を信じ続ける」
しかない。

「自分の身は自分で守る」

そうすることでしか、この「ストレス社会」では
イキノビラレナイ。

ってことかな…。
今回のことで「自分の限界」を知ることが出来たと
思う。これって実はとっても大切なこと!
それを振り切っちゃうからみんな「病気」になっちゃう。
そのギリギリのところで「ストップ」がかかるかどうか…。
この見極めが「自分」で出来るかどうか、だと思う。

この10日程、周囲の皆様には多大なるご迷惑をおかけしました。
それでも何とか立ち上がらせようと、忙しい中
私のグズグズに付き合ってくれた方々に本当に
感謝です。
この場を借りて…ありがとう。
一言では言い表わせない想いでイッパイです。
本当に「一人では生きてない」って思います。
いつか、このお返しが出来ればと、心から思います。
[PR]
by animal_therapy | 2005-09-07 15:01 | 日記 | Comments(0)

とほほな日々。

この一週間「自分の限界にチャレンジ!」みたいな日々だった。

仕事もプライベートもぐちゃぐちゃ…。
本当に「人生」って思うようには行かないものね。
ただ、唯一「どうしてもこの道で歩んで行きたい!」
という仕事の営業だけはうまく行ったけど…。
それ以外の「現状」は

サ・イ・ア・ク

な日々でした。

さすがの私も相当凹み、仕事以外はひきこもり状態。
これが「うつ状態」というものなのか?と体験しました。

何もしたくない
何も考えたくない
自分自身も含めて、すべてが嫌

「何か」を思いっきり「壊したい」衝動にかられる。
どうにもこうにも発散できない「想い」がある。
って、一つ一つ紐解いて行くと、なんとなくでは
あるけれど、この「イライラ」のもとが見えて来た。

良かれと思ってやっている事が否定されている。

のだ
これって昔からの私の「癖」でもある。
ついつい、あれやこれやと自分の尺度で考えて
やっちゃって、結局自滅…。
自分が保てている時は

「またやっちゃった…」

って、軽く流せるんだけど、かれこれ一週間、かなり
「弱ってる」私としては、「自分自身の存在」自体を
否定されたような気すらして来る。

「自己否定」

これほど厄介なものはない。
唯一「自分」を信じてあげられるのは「自分」でしか
ないのに、その「自分」が「自分」を否定しちゃうと
かなりキツイ…。
何とかそこから這い出そうとするのだけど、次から
次へと色々なことが起こって、どうしても抜け出せない…。
はっきり言って「辛い」…。
かなり弱っているみたいです、はい。

でも、まだ自分で「弱ってる」ことが分かるうちは
大丈夫かな…。
この状態のうちに何とか抜け出さないとね~。

頑張れ、私!!!
[PR]
by animal_therapy | 2005-09-03 17:17 | 日記 | Comments(0)