<   2005年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

今年もあと一月ね~~。   

2005年 11月 30日

11月30日か~~。
本日、勤務先クリニックを出る時に
「今年もあと一ヶ月、よろしくお願いします」
なんて言われて…。
とにかく「時の流れ」が早いっ!!!
年をとった証拠なのだろうけど………。

で!そんな「しみじみ」とした帰り道、
大切な友人からの誘いのメール♪

「途中下車しませんか~~?」

「悪魔の囁き」ってやつ!?
私の勤務先と自宅との間にあるヤツの職場&自宅。
ついつい
「OKで~す!」
なんて返信しちゃったりする…。
そして、ダラダラ飲んでこちらは今夜もタクシー帰り。
いかんいかん!!!
我が子(我が犬)が淋しがってる…。
と思いつつ、日々の「ウップン」をお互いに
晴らさずには居られないのだ。
でもね、この「時間」があるからこそ、また頑張れるんだよね~~。
そんな時間を共有出来る存在が居るって幸せ♪
そこを何とか「我が愛犬達」に認めて欲しいのダケド…。
なかなか難しい問題のようだ…。
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-30 03:08 | 日記 | Comments(0)

永遠の名曲!?   

2005年 11月 29日

最近、朝(と言っても9時とか10時とか…)に
お風呂に入る事が多い。
だって、夜は
仕事から戻って、
ワンコのお散歩して
ビール飲みながら、
かなり遅いご飯食べて
ふっと気付くと0時を回っている。
それからちょこっとPCに向かうと1~2時…。
それからお風呂に入るのはやっぱり「近所迷惑」って
もんでしょ?
って、言い訳してもしょうがないんだけど…。

今朝、そんな感じでボーっと湯船に浸かっていたら
近所の小学校から何やらと~っても懐かしいメロディ
が聴こえて来た♪
かれこれ2○年前に小学生だった頃の記憶を呼び覚ます
ような…。

「多分、これって小学校の運動会とかで流れちゃうヤツじゃん!?」

こんな時期に運動会?と思いつつ、
この曲って、ようは何十年も前から

「小学校のイベントで使われる名曲」

だったのね…。
な~んてシミジミ思ってしまった。

それにしても、この時期に小学校で行われるイベントって
何なんだ???
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-29 11:40 | 日記 | Comments(2)

ホッとする瞬間   

2005年 11月 28日

ここのところ、我が家の愛犬達が身を寄せ合って
居眠りしてる…。
何とも心和む光景だ。
基本的には「仲良し」な二人?二匹。

ミニチュアダックスワイヤーヘアー8歳♂:とら
母ゴールデン×父シェパードのミックス3歳♂:ろく

身体は小さいけれど、お兄ちゃんな「とら」は
とにかく
①気が強い
②頑固
③好奇心旺盛
と、まー扱いにくい性格(汗)
一方の身体は大きいけれど、弟な「ろく」は
①おっとり
②マイペース
③かなりの「びびり」
と、真反対な性格なのだ。
そんな凸凹兄弟(もちろん血はつながっていないケド…)
が家の中でじゃれ合うと大騒ぎ~~!!!
「子供二人を育てるママ」の気持ちがちょっと分かる
気がする…。
でもね、それが一段落して、寄り添い合って眠る姿は
そりゃもうたまらん!
「多頭飼い」は大変だけど、この一瞬が帳消しにして
くれる…。

「一人で生きてないよね」

じゃれ合って、ガルガル言いながらも、
しっかりと身を寄り添わせ、安心し切って眠る姿は
そんなことを思わされる。

「人と人」も全く同じ。
感情のもつれ、ぶつかり合い、喜怒哀楽…。
様々な「コミュニケーション」があるからこそ
「成長」して行ける。
そんな風に思えば「ちょっとメンドクサイ人付き合い」
も楽しくなるかも…。

寄り添う
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-28 01:15 | アニマルセラピー | Comments(0)

土鍋でご飯♪   

2005年 11月 28日

一人暮らし(正確には一人+愛犬×2)になって
二度目の冬を迎える。
昨年は「土鍋」なしで冬を越したが、今年はやっぱり
「鍋パーティ」したいな~と思って、ちょっと前に

「立派な土鍋」

を購入した。
「使い込む程に、良いお鍋になっていく」
ってのを実感したいな~って思って…。
ちょっと「こだわり」の「土モノ」の器屋さんで
お店の女将さんのウンチクを聞きながら決めた。

「冬のお鍋シーズンだけじゃなくて毎日使ってね!」

女将さん自身、毎日使っていると言う。
ちょっとした「土鍋料理」も教えてもらった。
「ご飯」の炊き方を書いた紙ももらった。

そして…
本日「土鍋でご飯」を実施!!!

「美味い♪」

ご飯の粒がつやつやだし、おこげなんかも
出来ちゃってね、ついつい食べ過ぎちゃった。
「白いご飯にお漬物」
「日本人で良かった~」と思う瞬間。

「シンプルな幸せ」

大切にして行きたい。
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-28 00:34 | 日記 | Comments(0)

☆☆☆イルミネーション☆☆☆   

2005年 11月 25日

ここのトコロ、飲み会続きで「タクシー帰り」だった私…。
(愛犬達よ!!すまない!!)

今夜久々に「普通の時間」に最寄り駅からバス帰り~。

な、なんと!!!

駅前のイルミネーションがとっても綺麗♪
昨年よりもパワーアップしていた。
「今年ももうそういう季節なのね~~」
なんて「時の流れの速さ」を噛み締めてしまった…。
1年前のこの季節の事を、昨日の事のように鮮明に思い出せる…。

この季節、クリスマスへ向けて街は美しく飾られる。
私の部屋にも「サンタクロース」が登場した。
勤務先のクリニックにも「クリスマスツリー」が飾られた。
心躍る季節♪♪♪

そうだ!
インドの子供達に「クリスマスプレゼント」を送ろう!

って思ったけれど…
「ヒンドゥー教徒」のインドの子供達にとって
「クリスマス」は???なのか?

今回の旅で友人となったインド人に訊いてみます…。
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-25 00:28 | 日記 | Comments(0)

喜びの泉~ターシャ・テューダと言葉の花束   

2005年 11月 21日

ノンビリとした休日の夜…。
たまたま再放送で観た「ターシャ・テューダ」の
特集番組。
私の大好きな絵本作家だ。

彼女の生き様が好き。

「好きなことをする為に頑張って生きる」

つい1年前までは私自身、
「何をしたいの?」
って自問自答の日々だった…。
でも、それが明確になった時
人はパワーが発揮出来るのだと思う。

「やりたいことは何?」

まずはこれを明確にするのが、
自分を健康に保つ「秘訣」だと思う。
やりたいことをやっていれば、多少の困難も乗り切れる。
自分の思っている以上のパワーを発揮出来たりする。

「自分って何もの?」

みたいなこと、ゆっくり考える時間を持つのは
とっても大切。

仕事は忙しい、家事も忙しい、子育ても………。
でもね、そんな時だからこそ

「自分自身をしっかり保つ」

為に、そんな時間を持つことが必要だと思う。
仕事もプライベートも
「自分」
が満たされていなければ、良いモノは生まれない。

そんな風に思う私は、今の社会では
「ちょっと変わった、マイペースな人」
と写るらしいケド…。
でもね、欧米ではそれが当たり前でしょ?
「自分を主張してナンボ!」
という文化だから…。
日本人は多かれ少なかれ、みんな
「いい子病」
を患ってる…。
ボチボチ「自分を大切にすること」を覚えてもよいのでは?

「世界に一つだけの花」

その通りでしょ。
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-21 00:24 | 絵本 | Comments(0)

ぐっと心に迫る本   

2005年 11月 20日

「アニマルセラピー」に興味のある人なら一度は
耳にしたことがあると思う。

グリーンチムニーズ

アメリカ・ニューヨーク郊外にある施設。
50年以上も前から、それこそ「アニマルセラピー」
という言葉がない頃から、子供達の「心のケア」に
動物達との関わりを取り入れて来た。
今日ご紹介するのは、そこで繰り広げられる様々な
ドラマを綴った本だ。

「動物たちが開く心の扉 グリーンチムニーズの子どもたち」
大塚 敦子著

深く傷ついた心の扉を開けるのは、人ではなく動物。
そんなことを痛感する本だ。

動物達は常に「ありのまま」なのだ。
「喜怒哀楽」を直球で投げてくる。
だからこちらも正面から受け取れる。
そして、そんな動物達から私達人間は
「ありのまま」でいることの「素晴らしさ」を学ぶ。

「いい子でいなくちゃ!!」

って、何故だか心のどこかでいつも思ってる。

「こんなこと言ったら嫌われちゃうかも…」
「こんなこと恥ずかしくて言えない…」
「後々面倒だから、我慢しちゃおう…」

誰でもこんなこと、経験あるはず。
でもね、これって積もり積もっていつか必ず爆発するのよね。
爆発出来ない人は体調崩しちゃったり、心が疲れちゃったり…。

まずは動物相手に練習してみよう♪
実は私自身、たまにやったりしてるケド…。
仕事やプライベートでイライラした時、
ついつい愛犬相手に愚痴ったり!?
「聴いてよロク!!!今日ね○○でね、××でね……」

「自分の感情を表現する」

なかなか難しかったりする。
最初は愚痴でもいいかも知れない。
それを少しずつ、相手にきちんと伝える術を身に付けたい。
そうしなければ「現状」は変わらないから。
「愚痴」ってすっきりはするけど、実は何の解決にもならないのだ。
先日、生徒さんたちとそんな話をしたばかり…。

「生きるって大変だよね~~」

そうなのだ。
「自分が自分らしく生きて行く」
のは「今の日本」ではとっても大変なのだ。
でもね、どうせ一度きりの人生なのだから

「いい子でいなくちゃ!!」

よりも

「自分らしく、ノビノビと♪」

の方がいいでしょ、やっぱり☆☆☆
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-20 01:29 | アニマルセラピー | Comments(0)

秋から冬へ…。   

2005年 11月 20日

めっきり寒い毎日…。
メゲメゲな私です。
なにせ寒いの大嫌い!!!
冬眠したいくらいです、はい。

でも!
近所の街路樹は色付いてとっても綺麗。
イチョウの葉は黄色と緑が絶妙なコントラスト♪

そして…

朝日を浴びながら、部屋の窓をぱーっと開けて
つーんとする冷たい冬の空気を吸い込む。
太陽の恵みに感謝する瞬間。

夜空もとっても綺麗☆
冬の楽しみの一つ。
輝く星達、お月様。
じーっと眺めてると、小さな事でくよくよ悩むのが
ばかばかしく思えてきたりする。
そんな風に自分を励ます冬の夜。

周りは風邪が流行中~~。
美味しいもの食べて、温かくしてしっかり睡眠!
何せ只今「ワンコ×2」を女手一つで養う
「働くママ」なのですっ!!!
寝込んではいられないのだっ!!
う~ん…
「守るべき者がある」
というのは、こういう緊張感があるのね~。
ガムバリマス!!
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-20 00:59 | 日記 | Comments(0)

灯台守の恋   

2005年 11月 11日

また一人で観てしまった…。
ケド、う~ん、一人で観て正解かも!?
何ていうか「女性」と「男性」ではかなり見解が
違って来る作品かと…。
「女性同士」で観るといいかもね。

淡々と、片田舎の「灯台守」という仕事を
語り進める。
でも、そこには「閉鎖的」な独特の空気感が漂う。
そんな中で惹かれ合ってしまった大人の男女。

女性として、ヒロインの
「恋する気持ち」と「世間体」の間で
揺れ動く心情は非常に切なく、突き刺さる。
それでも、抑え切れない想い…。
それが「恋」なのだと思う。

男性から観れば、ヒロインの相手役の
「恋する気持ち」と「男の友情」の狭間で
揺れ動く心情は「切ない」という言葉は
当てはまらない気がする…。
「面子」とか「義理人情」とか、そんな言葉?
そして、ヒロインの夫役の
どんなことがあったとしても
「一人の女性を愛し抜く」という強さは
男性からすれば、
「羨ましい」とか「自問自答」とか…。

そして、ヒロインの娘の心情は…?
「女性として生きた母」
「母の過ちをも受け入れた父の深い愛」
「知る術もなかった本当の父への想い」
「本当の父」という言葉が適切かどうかは
分からないけれど…。

全体的には「大人の映画」という言葉に
なってしまうのかな。
ただ…
簡単に「大人の純愛ラブストーリー」とは
片付けられない、じわじわと染みて来る作品だ。

今の私には、かなりインパクトがあった。

「好きな人の子供が欲しい」
「でも…結婚はしたくない」

そんな矛盾した想いが同居している私。
正に、このヒロインの心情が突き刺さった。
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-11 00:52 | 映画 | Comments(4)

ちょっとウルルンな出来事   

2005年 11月 09日

今日も心療内科クリニックの出勤日。
オープンして半年弱、おなじみの患者さんには
けっこう親しまれていたりする。
そんな中でも「病状が難しい患者さん」との
「距離感」は微妙なものだ。
こんな私でも「そこのところ」は
かなり神経をすり減らしている。
でもね、今日はそんな日頃の疲れが吹っ飛んで
涙が出そうなくらい、嬉しい言葉をもらった。

「○○さん(私の名字)の顔見るとホッとする~!」

「セラピスト」を目指すモノとして、この言葉は
正に「殺し文句」だ。
どんな素晴らしい心理療法の知識を持っていても
患者さんを「緊張させる」「萎縮させる」ような
存在だったら、それは宝の持ち腐れというもの。
逆に「単なる受付」でも、こんな風に言われたら
それは「セラピスト」の入り口なのでは?なんて
ちょっと調子に乗っちゃったりして♪

まずは「会いたい。話したい。」と思われることが
「セラピスト」の大前提だ。
もちろん、プライベートな友人、知人、パートナー
からも、そんな風に思われたら最高にハッピー☆

今日の患者さんのこの一言は、本当に日頃の疲れを
一瞬で忘れさせるくらい嬉しかった。

頑張るぞ!!
[PR]

by animal_therapy | 2005-11-09 01:59 | 日記 | Comments(0)