ってなわけで…。

仕事納めが29日だった私…。
ブログ更新も溜めに溜め、一気に放出!!!
今年一年、本当にお疲れ様でした~~。
振り返れば、常に周りの方々に支えられ、
教えられた一年でした。
この場を借りて、

ありがとうございました~~!!!

本当に「感謝」の想いでいっぱいです。

明るく励ましてくれた人
ひたすら「発散」に付き合ってくれた人
「自分」のことのように一緒に考えてくれた人
お仕事上、素敵な「ご縁」を運んでくれた人
お仕事をご一緒した皆さん
大好きな「歌」「映画」「本」の作者の皆さん
インドで知り合った皆さん、子供達
結果、離れることにはなってしまったケレド…
様々な想い出をくれた元ダンナさん
常に心配してくれた両親、兄貴夫婦、親戚の方々

厳しく…
でも実は「本当の優しさ」で支えてくれたパートナー

そ・し・て
「浮き沈み」を繰り返す、しょうもない「ママ」を
常にそばでじ~~っと見守ってくれた愛犬達!

陽だまり3

み~んなみんなのオカゲで「今の私」がいます。
そんなことに改めて感謝します。
心からありがとう☆☆☆

皆さんにとって、新年が素晴らしい年になりますように!
そして、来年もまたどうぞよろしくお願いします!

インドサリー
インドで作ったサリー、着てみました!
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-31 00:44 | 日記 | Comments(0)

綴り字のシーズン

今年最後の映画~~♪
ってことで本日観に行って来た。
これまた「予告編」から気になっていた映画。
観終わって…
「予告編」や「チラシ」からは想像もつかない内容だった。
そもそも「家族愛」「ヒューマンドラマ」系かと
思っていたのだが、遥かに「深いテーマ」が隠されていた。
観終わった後「ずっしり」とくるものがあった。
こういう作品にリチャード・ギアが出演していること
にも深い意味があるんだろうな…。
彼はチベット仏教を長年信仰している。
だからこそ演じられたのだと思う。
「神秘主義」
「真理を説く」
かなり難しく、重たいテーマだけれど
日々そういうものに触れている「彼」だからこそ
伝えたいものがあり、観る者にも伝わるものがあったように思う。

娘の持つ「不思議な力」に魅了される父親
それにのめり込み「家族」が「崩壊」していくことに
気付かない父親
そんな妹を持つ「兄」の葛藤
自分の「トラウマ」を「屈折した形」でしか
表現出来ず、苦しむ母親
そして…
そんな「家族のすべて」を冷静に見つめ、
ある「次元」に達し、
ある「決断」をする、
幼い娘

娘役を演じている子役の存在感はすごかった☆☆☆
「自分のせい」で「家族がバラバラになっていく」
ことを敏感に感じ、常にもの悲しげな表情を浮かべる。
そんな中で、垣間見せるあどけない子どもらしさ…。
そして、ラストシーン。
「何か」を「知ってしまった者」の
「強さと誇り」に満ち溢れた表情。
少ない台詞の中で「表情だけ」で演じきっていた。
パンフレットによると、劇場用長編映画はこの作品が
初めてらしい…。
すごいっ!!!
しかも幼い頃から様々な国で育ち、英語、仏語、西語
を流暢に話すとのこと。
そんな「数ヶ国語」を「操る彼女」が
「言葉のパワー」を扱ったこの作品に出演したのも
何か深い意味があるようにも思う…。

賛否両論、分かれる映画ではあると思うけれど、
私的には「難解」ながらも
「観て良かった」と思う作品だ。
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-31 00:09 | 映画 | Comments(4)

富士山☆

何日か前の夕方、ベランダから富士山が見えた!

富士山

って、よく分からないか…。
でも本人はとっても感動だったのだ♪
なんだろうね、これって。
「富士山」を見るととっても心が穏やかになる。
数年前の夏、河口湖畔の素晴らしいホテルに
長期滞在して、富士山を目の前にただただ
「ボーっ」と過ごす休日を過ごしたことがあった。
本を読んだり、ワンコ達と遊んだり…。

夏の富士山
ホテルのお庭から。最高の眺め♪

滝ととらとろく
ホテル近くの小さな滝にて…。
意外に臆病者の「ろく」は水には近づかず…。
恐いものなしの「とら」はビショビショになり
ブルブル震えてました…。

河口湖とらとろく
ホテルのお庭にて…。
とにかくボール大好きな二人☆

またあんな時間を過ごしたいな~~。

「心を空っぽにして、自然に身を委ねる」

これこそ「真の癒し」のような気がします…☆
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-30 23:30 | 日記 | Comments(0)

天空の草原のナンサ

12/25、ひっさびさの映画鑑賞♪
他の映画を観に行った時の「予告編」から
「絶対観るぞ!!」と思っていた作品。
何せ「子どもと犬」の組み合わせなんて
私の「ツボ」押しマクリなのだっ!!!
で、感想はと言うと

シンプルな中に大切な「何か」を秘めている

そんな作品だった。
一見すると「モンゴル」の人々の生活を
淡々と映し出しているだけ、のように
写るのだが、そんな中に実は
「人」が生きて行く上で、最も大切にして
いかなければいけない「自然との共存」という
メッセージが込められていたように思う。
人、大地、動物達…
互いに互いを尊重し、存在に感謝し、大切に思う。
時には厳しく襲いかかられるかも知れない。
けれども、それは「自然界の摂理」を守るために
必要なことなのだろう。
そんなことを子供の頃から「目の当たり」にし、
受け入れていく…。
「今の日本」に欠けている「何か」を教えてくれた
ように思う。
パンフレットの「監督インタビュー」の中に
とっても印象深い言葉があった。↓

「モンゴルでは、子どもをあまり甘やかせて育てると
ガラスの子どもになってしまう、と言われます。」

ガラスの子ども

何とも絶妙な表現だ。
「今の日本」は大人も子どももみ~~んな
「ガラスの子ども」だらけかも…。
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-30 23:11 | 映画 | Comments(2)

つかの間の幸せ♪

昨日の昼間
「納豆ご飯が食べたい!!!」
って思って、土鍋でご飯を炊いて「納豆ご飯」した。


土鍋
「炊いてる」の図

湯気が写ってないのが残念だけど、炊き上がりまでの
20分くらいは何だかとってもウキウキしてしまう♪
グツグツ、ブクブクいいながら
「お米」が「ご飯」に変化していくのだ。
当たり前のことなんだけど、とっても幸せな気持ちになる。
ピッカピッカの炊き上がりの「ご飯の粒」を見て

「日本人で良かった~~!」

と思う瞬間☆

ご飯
「炊き上がり」の図

熱々の白いご飯に納豆をたっぷりかけて頂いた。

「んまいっ!!!」

日頃、大量のお酒を流し込み、
酷使している内蔵くん達に、しばしの「休息」…。

本当に「しばし」だった…。
夜にはまたまた「大量のお酒」が流れ込んだ(汗)

内臓くんよ!
年末年始、更なるハードな日々に耐えておくれ~~。
来年は少しイタワリマス!?(多分…)
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-27 00:58 | 日記 | Comments(2)

ピノッキオ

ここのところ「映画」観てな~~い!!!
明日やっと観に行く予定だけど…。
仕事頑張ったご褒美なのだ!
何を観に行くか???内緒で~す。
「ヒット♪」だったらまた感想書きま~す。

で、そんな時に…先週かな?
テレビでやってた「ピノッキオ」を観た。
ロベルト・ベニーニ主演、監督の作品。
中盤、やや退屈もしたけど、全体的な仕上がりは
彼らしい作品だった。
「チャーリーとチョコレート工場」
を何となく思い出させる感じ!?

両作品に共通するのは
「子供が観ても、大人が観ても伝わるものがある」
ってところかな。
一見、さらっと観れば「それなり」だけど
実は「観方次第」でと~っても深い意味があったりする。
でもそれをイチイチ解説しない「粋」を感じる。
素敵な作品だ。
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-24 23:37 | 映画 | Comments(0)

校庭ってさ…。

で、そんなイヴの夕方、帰宅途中にちょうど「夕暮れ時」を迎えた。

夕暮れ学校

近所の学校の校庭の向こうにとってもきれいな夕暮れの空。

「誰もいない校庭」

何だかとってもノスタルジックな気分になっちゃった。
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-24 23:19 | 日記 | Comments(0)

クリスマス・イヴ♪
って別に何があるわけでもないけど、何だか心ウキウキする日…。
しかしながら、朝から「フル稼働」で仕事…(汗)
結局15:30退出~~。
それから知人へのクリスマスプレゼントを買いに行き
ついでに「自分へのクリスマスプレゼント」も…。

また、やっちゃった…。

「犬モチーフ」に目のない私。
何気なく通り過ぎたとあるお店で見つけちゃった。↓

犬グッズ

・犬モチーフのチャーム
・犬モチーフのミニトート
・犬モチーフのポーチ

でもね、私の中で「犬モチーフ」のものを身に付けているのは「お守り」みたいな感じなんだよね。
インテリア、絵、本、ぬいぐるみ、Tシャツ、バッグ、
腕時計、アクセサリー………
ふと気付けば必ず「どこか」に「犬」がいる。
周りはほとんど、アキレテル。
そういえば友人の子供が我が家に遊びに来た時
「なんでコオリちゃんのお家にはワンちゃんがいっぱいいるの?」
な~んて「ストレートなツッコミ」されたっけ…。
そりゃね~3○歳にもなって「ワンコ」ばっかり
身に付けてれば「???」って思う人もいると思うけど!?

でもね、人それぞれに「お守り」ってあると思う。
「そばにあれば安心!」みたいなもの!?
そんなちょっとした「心の支え」を大切にしたいよね。
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-24 23:14 | 日記 | Comments(2)

「自分探し」ってさ…。

またまた「大好きな平○堅さん」ネタですが。
今夜、彼の生放送のラジオ番組を聴いていて…。

デビュー10周年、自身にとって「歌う事」とは?

という質問に対して、彼の答え

「自分探し」

とのことだった。

素晴らしい~~!!!
結局、誰の人生も「これ」に尽きると思うんだよね。

「自分を知る」

ことからすべてが始まる。
実は「自分を知る」ってすっご~~く大変な作業。
今までの「自分の人生」を良い部分も悪い部分もすべて見つめ直す…。
でも、そこから「見えて来るモノ」ってすごいんだ。
「こうだったから苦しかったんだ」とか
「自分にもこんなところがあったんだ!」とか!?
「自分の事」って、実は分かっているようで、分かっていなかったりする。
それを「知る事」で「大きな一歩」を踏み出せたりするんだよね~~。
私自身、かれこれ2年前に「様々な体験」を通して
そんな作業をした。

カウンセリング、
アートセラピー、
箱庭療法、
アニマルセラピー………

「今、現在」抱えている問題や
「今まで」抱えて来た問題が
「自分」の「どんな部分」が引き起こしているのか、
そんなことに「気付かされた」体験だった。

「気付くこと」

そこから「すべて」は始まる。
「一歩」を踏み出すも自分、踏み出さないも自分…。
こんな「天然、ノー天気」な私でも
「大きな一歩」を踏み出す時には
一ヶ月で「7kg」も痩せたよ…。
「寝られない、食べられない」
ケド
「(お酒)を飲む、(煙草)を吸う」
って毎日だった…。
「(自分が満足出来ない)現実を変える」
って事はそれだけ大変な事なんだって学んだ。
でもね、そんな「満足出来ない現実」を産み出したのも
結局は「自分」なんだよね。
だからこそ「自分」で解決するしかない。
それが「生きて行く」ということ。
私の人生のテーマは

「言い訳しない人生、後悔しない人生」

なかなかそうは行かないケド…。
でもね「自分の人生」なんだから
良い事も悪い事も「自分」で引き起こしているんだよね。
それを「人のせい」にするから

「あの人嫌いっ!!!」

ってなる。
そこでまた「ストレス」を抱え込む。
親でも、仕事関係者でも、友人でも、恋人でも
「個々の人生」を侵すことは出来ないから…。

「自分を大切にする」

み~んな、そんな事をして欲しいって思います。

あ゛~~、
説教臭くなっちゃったケド…ごめんなさい!
でもね、今の「ストレス社会」を生き抜く為には
これしかないっ!!!
って思います。
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-24 03:25 | 日記 | Comments(0)

ってなわけで、改めて平○堅さんのライヴの感想…。

夏以来の「生歌」はやっぱり心にずし~んと響いた。
特に今回は「アコースティックライヴ」なので
静かに聴き入る曲が多く、ヴォーカリストとしての
「実力」に圧倒されるばかりだった。
特に私の「ツボ」の2曲は涙がポロポロ…。
センシティブな彼が産み出す詞曲、透き通る声、
すべてが「ベストマッチ」なのだ!
彼の「内面」を「歌う」という事で表現している。
それがこれだけ多くの人の「心」をつかんでいるのだろう。

そして曲の合間のおしゃべり。
そこにもまた彼の「歌うこと」への情熱が込められている。
とっても素敵な言葉を言っていたので、ご紹介。
とある英語の曲の詞のフレーズから…。

「壊れることを恐れていては、心は動かない」
「死ぬことを恐れていては、魂は喜ばない」

これって、人が生きてく上での「真実」だと思う。
「心」を扱う現場にいると、日々こんなことを感じる。

恐がっていては、現状は何も変わらないから…。

そんな言葉が常に頭を駆け巡る。
だってそうなんだもん。
職場や恋愛などの人間関係
オーバーワーク
家族とのしがらみ………
様々な「問題」を抱え、心療内科を訪れる患者さん。
「苦しい」「悲しい」「どうしたらいい?」
って悩みを打ち明ける。
でもね、結局は「自分」で「現状」を変えて行くしか
解決法はないんだよね。

「現状を変える」

すっご~~く恐いし、エネルギー使うし、逆風も吹く。
でも、そこで踏ん張れた人だけが
「本当の自由」
を手に入れることが出来るんだよね。

私自身、そんなことを学んだ一年だった。

平○堅さんの作り出す「センシティブな世界」は
そんなことを優しく教えてくれる。
いつも励まされ、支えられている。
彼自身がきっと、常にそんな「葛藤」を続けている
のだと思う。
「人」として、本当に素敵な「心」の持ち主☆
私の「ポップスター☆☆☆」だっ!
これからもずっとずっと聴き続けていきたい…。

本当に「素敵な曲」をありがとうございますっ!!!
[PR]
by animal_therapy | 2005-12-22 14:02 | 日記 | Comments(0)

愛犬ろく&ふくとのハチャメチャな日々♪♪♪