<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

赤ちゃんパワー☆

昨日も今日も「赤ちゃんパワー」にやられっ放し!!!
患者さんが連れて来た赤ちゃん達。
昨日はまだ生後一ヶ月に満たないちっちゃなちっちゃな赤ちゃん。
「大柄なパパ」の胸に抱かれ、スヤスヤ眠る寝顔は正に天使でした☆
そして今日はもうすぐ9ヶ月という赤ちゃん。
これまたまつ毛がクリンクリンでおっきな「お・め・め」
オシャブリをちゅぱちゅぱしながらニコッと笑顔☆
本日通し勤務にてヘロヘロだった私にパワーをクレマシタ☆
ムッチムチ、プニョプニョな「あ・ん・よ」
可愛過ぎるぅ~~!!!
いやいや…
オカゲサマで待合室がと~っても和やかな空間になりました~~。

どうぞ健やかに…☆
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-30 23:15 | 日記 | Comments(0)

乗馬☆

昨日、久々に馬に乗りに行って来た~~♪
可愛いかった&気持ち良かった☆☆☆
まだ数回しか乗った事はないのだけど
私にとって「馬」との触れ合いは何とも癒される時間だ。
大きな身体に身を委ね、身体の温かさを感じながら
受け入れられ、守られている「安心感」を覚える。
馬の「揺れ」のリズムに自分の身体の「揺れ」を合わせる。
それが「ピタッ!」と合った時、馬との「一体感」を感じる。
少し大袈裟かも知れないけれど「心と心が通い合う」ような感覚☆
とっても心地良いのだ~~。
視点の高さも気持ち良い♪

以前、ボランティアで障害を持つ方々の乗馬の会に参加した事がある。
参加者の方々の様々な変化を目の当たりにして、ただただ驚くばかりだった。

そして…
自分自身も体験することでつくづく「馬の魅力」を実感している。
定期的に通うのはちと厳しいケレド、たまには「馬」に会いに行きたいものだ。
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-29 12:20 | アニマルセラピー | Comments(3)

カラーが芽を出した!!!

先日話した「10年モノ」のカラーの鉢。
お花屋さんのアドバイスの通り
・栄養ドリンク
・粒状の栄養剤
を早速与えてみたトコロ…
早速「芽」を出したのだっ!!!
感動~~♪

カラーの芽
焦らず、ゆっくり、元気に成長してね☆

いやいや…
改めて「生命力」を感じます。
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-28 02:17 | 日記 | Comments(0)

お祭りの準備

先日、勤務先のクリニックのそばで発見!

御神輿1

御神輿2

御神輿3

「お祭り」の雰囲気は好き☆
何だかワクワクする。
小さい頃、母親の田舎のお祭りで「山車」を牽いたのを想い出す。
それぞれの「町毎」のハッピを着て、お化粧なんかもして。
何年か前に、そのお祭りに親戚、両親、兄貴家族と一緒に行った。
可愛らしい子供達が大きな掛け声と供に「山車」を牽く姿を
微笑ましく眺めていた。

こんな風景、大切にしたいな…。
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-28 02:04 | 日記 | Comments(0)

首都高デビュー☆

を果たしました~!昨日。
前日の夜、あれやこれやと考え、友人に励まされ…。
「やるしかないっ!!!」
と決死の覚悟(正に!)で出発。
「昼間」はお天気も良かったので、ドキドキしながらも
ドライブを楽しみながら無事到着~~☆
妙な「達成感」を味わった。
でもって、用事を済ませていたら雲行きが怪しくなり、
雷らしき「ゴロゴロゴロ~」という音も聞こえ始め…。
あっという間にドシャブリの雷雨…(汗)

「はい~~??この雨の中、こんな私に
車で首都高走って帰れってか~~??」

夏の「通り雨」とは違い、何だか妙に長く降り続いている…。
すっかり暗くなってもまだまだ雷はピカピカゴロゴロ。
雨も本降り…。

「どうせいって言うねんっ!!!」

と突っ込みたくなる状況。
無理して帰るのは絶対キ・ケ・ン!!!
というわけでネットで一時間毎の天気予測を確認。
「午前一時には雨も止み、明日は良いお天気となるでしょう!?」

「午前一時だぁ~~???」

すんなり行っても一時間ちょっとかかる道のり。
しかも慣れない高速運転。
もちろん初めて一人で走る道。
ナビなんてついてない…。
一体私は何時に自宅に辿り着くのだろう…。
半泣き状態の私。
昼間「勇気を持って行動」したことを後悔したりした…。
と「グズグズ言っていても仕方ない!」ということで
とりえず様子を見ることにした。
予定外のスケジュール…。
ろくは一緒だったから良かったケド。
犬って「雷」に弱いのだ。
一人(一匹)で留守番させている時に雷が鳴ると
「大丈夫かな~~」と心配になる。
そういう意味では一安心だったのダケド。

トホホ。

実は…
仕事で海外に行く事になった友人から
「引き取れそうなモノがあったら持って行って!」
ということで車で出動していたのだ。
なので、思わぬ長時間滞在となったが為に
「荷造り」のお手伝いをさせられるハメに…。
もともとそういう作業は苦手な私。
でも
「しゃ~ない!!!」
お邪魔している以上、忙しく作業をしているそばで
私だけ「ボーッ」としているワケにもいかない…。
結局、雨が小降りになって来た午前0時頃まで作業をしていた…。
そして再び首都高で我が家へ!!!
何とか辿り着いたものの、さすがにヘロヘロ。
とんだ首都高デビュー、お疲れな一日だった。

でも!
これで夏には遠出が出来るかな♪
行動範囲が広がったのは嬉しいかも~~☆
(アクマデモ、ポジティブシンキングな私…)
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-25 15:12 | 日記 | Comments(0)

ラジオにて…。

家に居る時はほとんどラジオかけっ放しな私。
そんなある日、実に心地良く「心」に響いた曲。
もともと「歌詞重視」な私。
「ガツン!」とヤラレマシタ…。

君には従順さを僕には優しさを
互いに演じさせて疲れてしまうけど
それでも意味はあるかいどう思う?
今も欲しがってくれるかい?僕を
傷つけ合う為じゃなく
僕らは出会ったって言い切れるかなぁ?

どうしようもなく急に一人になりたい時があり
屋上で月を眺めてた
君に想いが強く向くほど臆病になるのが分かって
素直に認められなくて
でも君が僕につき通してた嘘をあきらめた日
それが来るのを感じたんだ
未来がまた一つほらまた一つ
僕らに近づいてる
(「and I love you」より)

ん~~~。感慨深い…。
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-24 01:54 | お気に入りの詩 | Comments(2)

首都高。

って、ヤッパリ「ペーパードライバー脱出3ヶ月」の私には
と~っても高いハードルでしょうか………。
明日は仕事オフ!
でもってお出かけ予定なのですが「車で来い!」との指令。
「一般道」で行く選択肢もあるケレド
それはそれで結構大変な道のりなのだ。
高速よりもかえって危険??な気もする。
信号あるし、歩行者いるし。
でも…
「首都高」はヤッパリ大変???
そもそも「高速未体験」の私がイキナリ「首都高」はカナリ無謀ってヤツ???
でも…
いつまでも「避けて」いては克服出来ないワケで。

「必要に迫られる」

常にそんな「状況」にさらされなければ行動出来ない私。
今回はひょっとして「その時」なのかな。
ん~~~。
一晩ゆっくり考えます…。
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-24 01:31 | 日記 | Comments(2)

バ~ラが咲いた~♪

我が家の近所は「戸建て」のお宅が多い。
でもって「お庭をキレイにしている」お宅が多い。
ので
ろくのお散歩途中にちゃっかり楽しませて頂いている☆
というわけで…

バラピンク
「濃~いピンク」は正に「薔薇」

バラ紅白
「紅と白」…コントラストが美しい☆

季節を感じさせるお花を堪能させて頂いております!
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-24 00:14 | 日記 | Comments(0)

でもって和み系~。

と、悶々と悩みつつベランダに出てしばしボーッ。

ろくベランダ
そんなママをやや遠めに観察するろく…。

カラーしずく
雨に濡れ、花先に雫…

こんな「瞬間」に支えられる日々。
私の大切な時間。大切な家族。
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-19 12:54 | 日記 | Comments(2)

5/17(水)シンポジウムにて。

この日は精神医学、心理学の方々が集まった。
そこで出会った方とお話ししていて感じたこと。

その方は児童相談所でお仕事をしているとのこと。
日々、悩めるお母さんのサポートなどをしているそうだ。
「ミルクのあげ方が分からない」に始まり
「自分の子供を虐待してしまいそうで恐い」と切迫している状況まで
様々な相談に対応しているそうだ。
と思えばもっと緊迫した状況もあるらしい…。
「目の当たり」にする瞬間。
大変な仕事だと思う。
でも彼女の目は強く輝いていた。
「子供達を救いたい!」
そんな想いが伝わって来た。
影ながら応援したいと心から思った。

東京都児童相談センター・児童相談所↓
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jicen/

そんな想いを抱えながら翌日クリニックに出勤。
五歳の女の子を一人で育てているお母さんが
お子さんと一緒に受診。
来る途中で寝てしまったお子さんを抱っこして
表情もかなり浮かない様子。
しばらくは寝起きでボーっとしていた女の子も
少しずつ目が覚めて来ると退屈している様子。
ママに甘え、遊びたいのダケド、ママは調子悪そう。
「大人しくいい子にしてて」
言い捨てる。気持ちは分かる。辛いのだと思う。
きっとクリニックに来るだけでイッパイイッパイの
状態だったのだろう。
悪い事に診療が押していて順番までマダマダ時間がかかりそう。
受付のカウンター越しにその女の子と話し始めた。
私「何歳だっけ?」
女の子「五歳(手をパーに広げながら!)」
私「そっか~。じゃあ幼稚園か~」
女の子「ううん。保育園」
私「今日は何時まで行って来たの?」
女の子「今日はママが具合悪くて行けなかったの…」
と、淋しそうな表情で答える彼女。
余計な事を聴いてしまった、と反省。
話しを切り替える。
「マニキュア上手に塗れるんだね~。ピンク色好きなの?」
「そのお人形の猫ちゃんの名前、何ていうの?」
ナドナド話をしているうちに元気になって来た。
ニコニコしながら待合室で「カケッコ」を始める。
表情、笑い声「子供らしさ」を感じられて少し安心。
それでもママは浮かない顔…。
そうこうしているうちにやっと順番が来た。
そして帰り際、ママに一言
「お子さん、元気で可愛いですね~」
するとママから思わぬツッコミ。
「この年になるまでが大変ですよ~。コオリさんいくつ?
早めに生まないと!子育ては体力勝負ですよ」
………。確かに。

「家族の形」って何だろう…。
様々な背景を抱えながらでも子供達はこうやってタクマシク育っていく。
もちろんこのお母さんも病気と向き合いながらも
しっかりと愛情を注いでいるのだろう。
この子を見ていてそう思えた。

ここのところ「動物虐待・児童虐待・家庭内暴力」
って話しを毎日のように聴いている。
凄まじい状況に凹む。
でも、こんな風に「親子の絆」を保ちながら
必死に生きてる光景を目にすると「ホッ」とする。

そこで改めて考える。

私に出来ることって何だろう???
[PR]
by animal_therapy | 2006-05-19 12:34 | アニマルセラピー | Comments(2)