ゆっくりと…   

2011年 06月 19日

浮上中です。
はぁ~実はここ二週間くらいかなぁ~~?
電池ギレな感じが続いておりまして…
それでも
先週は「充電するために」逃げるように山篭り~滝行に行って来たのですが
逆に緊張感がぷちんと途切れ、震災以降の溜め込んだ?見ないようにしてた?
疲れがどっと出てしまって、心身共にぐずぐずでした。
仕事も休んじゃったり、早退しちゃったり…
ダメダメな日々でしたよ、あちゃちゃ。

そんなガタガタな状態でね、御嶽に行ったら、いつもお世話になってる神主さんには
すぐにバレちゃってね。
「体調悪いでしょ?落ちてるもん。それじゃ何したって上がらないよ…」とな。
神主さん曰く、
「震災で精神的におっきなダメージ受けたのに、そのまま無理してたからパワーがなくなってる」
のだそうな。
そうなんだよね。震災以降ず~っと「上がらない感じ」が続いててさ。
でも、そのまま放置して日常をやり過ごしてた。
つくづく日々のメンテナンスが大事だと痛感しましたよ、はい。

で、全身ヒーリングしてもらってさ、ギュッて力んでた力が緩んだらぁ~
一気に緩み過ぎちゃったのね。疲れがドドッと表面化しちゃってさぁ~
身体が重くてだるくて動けん…ってなっちゃって。
ちょいちょい仕事を休んで少しずつ充電中なコオリですわ。
今日ももちろんなぁ~んもしない、空っぽな休日です。
被災地の方々を思えば、甘ったれなのだけど、なんというか、
コオリが震災で受けたダメージってのは、う~ん、その~
喪失感?悲嘆?落胆?愕然?途方に暮れる?無力感?みたいなことだったんだよね。
被災者の方々に同調しちゃったり、
逆に、離れたところで「何も出来ない自分」にイライラしちゃったり、
もちろん、震災後に不安定になった患者さんと向き合う疲れもあったと思うし。
とにかく色んな感情がぶわ~って押し寄せて、揺さぶられて…。
それでも何とか進まなきゃっ!!!って感じてて。
そんなこんなで知らず知らずにすり減ってたみたいです。
あとはね、滝を始めてから、良くも悪くも色んなコトに敏感になってきてるみたいでね。
今までは感じることのなかった様々なことに反応するようになって来てる。

で、さっきたまたま見てた番組で、瀬戸内寂聴さんがこんな言葉を語ってた。
「代受苦」
キリスト教にも仏教にも共通する考え方のようです。
「本来私が受けていたかもしれない痛みや苦しみを、代わりに受けてくれる」
ということだそうだ。
あの寂聴さんでさえ
「たくさんの素晴らしい人々がなぜあのような形で亡くならなければならなかったのか…
その矛盾に対して、私には何も言えないです」
と言っていた。ホントにそう思うよね。
無情にも亡くなった方がいて、じゃあ未だ「生きてる自分」とは何が違っちゃったのか。
そんな想いからなかなか抜け出せずにいたりもする。
寂聴さん、今まではどちらかというと苦手なタイプだったのだけど、
今日はずしんと響きました。

震災以降、漠然と、ず~っと考えさせられてるのが
「生きる」
ということでね。
あんな風に一瞬にして亡くなってしまった方々がいる中で、同じ日本人として
どうしたらいいんだろうってさ。正に、この言葉なんだよね。うん。
で、なんだかがらにもなく、力入れて踏ん張って走ってきたんだろうなぁ~と。
でも、元々がナマケモノでモノグサなコオリは、いよいよ息切れだったみたいです。
それでもさ、この数ヶ月はホントに色々なコトを考えさせられたし、
それなりに行動にも移してきたつもりだし!?
それはきっと停滞していたコオリの生き方を確実に変えてくれたと思ってる。
ここで止まることなく、忘れることなく、ゆっくりと、のろのろとでも、
今回「気づいたこと」をしっかりと実践していかなくちゃって思います。

自分に与えられた「役割」を認識して果たし続けること

仕事でもプライベートでも、今、自分が置かれている立場ってのは
ヤッパリ必然でさ、自分が「果たすべき課題、学ぶべき課題」があるからこそ、
この状況にある。
そんな風に思ってさ、日々日々後悔なく過ごしたいなぁ~と。
周りに振り回されることなく、自分自身で一つずつ選択しながらさ。
ま、また力み過ぎると容量の少ないコオリの頭はすぐ飽和状態になるので
そこそこに、イイカゲンに!?のんびり行くのですわ045.gif
[PR]

by animal_therapy | 2011-06-19 12:58 | 滝行・御嶽山 | Comments(0)

<< と?ちと重くなったところで? ☆ろく、九才、ちょい悪オヤジ!?☆ >>